唐鋤・犂(読み)からすき

精選版 日本国語大辞典「唐鋤・犂」の解説

から‐すき【唐鋤・犂】

[1] 〘名〙 農具の一種。柄(え)が曲がっていて刃が広く、牛馬に引かせて田畑を耕すのに用いる。牛鍬(うしぐわ)
※聖語蔵本願経四分律平安初期点(810頃)「(カラスキ)
※宇津保(970‐999頃)吹上上「牛どもにからすきかけつつ、男(をのこ)ども緒持ちて鋤(す)く」
[2] 「からすきぼし(犂星)」の略。
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉大饑餓「(カラスキ)の宿、みつ星や、三角星天蝎宮、無限に曳ける光芒のゆくてに思馳するなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android