コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯物論研究 ゆいぶつろんけんきゅう

2件 の用語解説(唯物論研究の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆいぶつろんけんきゅう【唯物論研究】

1932年に創立された唯物論研究会の機関誌。同年11月創刊。同会は唯物論の学問的研究団体として設立され,岡邦雄,戸坂潤ら唯物論者を中心に多彩なメンバーを結集し,毎月定期に研究会,小集会を開いて活動した。非政治的活動のため弾圧は免れ,35年ころからは唯一の進歩的研究会として知識人,学生に大きな影響を与えた。雑誌の執筆者は,岡,戸坂のほか三枝博音小倉金之助古在由重,加藤正,永田広志,森宏一,船山信一らで,自然科学社会科学,哲学,芸術論等について活発に論じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唯物論研究
ゆいぶつろんけんきゅう

唯物論研究会の月刊機関誌。1932年(昭和7)11月に創刊され、弾圧によって38年の3月号で終刊するまで65冊が発行された。その後『学芸』と改題され、38年11月の廃刊まで八冊が刊行された。マルクス主義哲学の諸理論の解明や、当時のファッショ的な反動哲学および日本主義思想との闘争において貴重な役割を果たした。戦後は一時期唯物論研究所から発行されたが、やがて59年(昭和34)に発足した日本唯物論研究会の機関誌となった(60年4月~65年12月)。その後、79年11月に唯物論研究協会の機関誌として発刊されたが、改題され『思想と現代』として今日に至っている。[山田敬男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の唯物論研究の言及

【三枝博音】より

…広島県山県郡本地村の真宗寺院に生まれ,1922年東京帝国大学西洋哲学科卒業。その学問的関心は,はじめ宗教的合理性の追求にあり,認識論や現象学など哲学一般の問題であったが,在学中の兵役体験などから社会的なものに移り,ディルタイからマルクス主義の研究へ進み,《ヘーゲル及弁証法研究》誌を主宰,32年には戸坂潤,岡邦雄らと唯物論研究会を組織,《唯物論研究》の編集責任にあたり,反動的な観念論や日本哲学説への科学的批判を展開した。しかし当局の思想弾圧をうけ,郷里の先輩,医史学者富士川游のすすめで,日本哲学思想史ならびに科学・技術史の研究と著述活動に専念,《日本哲学全書》《日本科学古典全書》など基本史料の集大成のほか,《技術史》や《三浦梅園の哲学》など開拓的労作をのこした。…

【戸坂潤】より

…そして,非合理的な国家主義,日本主義が台頭し,ファシズム体制が強化される時代のなかで,哲学を〈思想の科学〉としてとらえ,それを社会に対する科学的〈批評〉として働かせる〈クリティシズム〉の確立を目ざした。1932年〈唯物論研究会〉を創立し,雑誌《唯物論研究》を創刊して,多彩な批評活動を行うとともに,自然科学と社会科学を世界観的に統一する科学方法論の課題を追求したが,やがて38年唯物論研究会は解散を命ぜられ,みずからも治安維持法違反で検挙された。その後も志を曲げず時代と戦ったが,44年9月に下獄,太平洋戦争敗戦直前の45年8月に獄死した。…

※「唯物論研究」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

唯物論研究の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唯物論研究の関連情報