コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古在由重 こざい よししげ

2件 の用語解説(古在由重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古在由重 こざい-よししげ

1901-1990 昭和時代の哲学者。
明治34年5月17日生まれ。父は古在由直,母は清水紫琴(しきん)。昭和7年戸坂潤らと唯物論研究会を設立。治安維持法で2度検挙される。戦後は民主主義科学者協会哲学部会の中心メンバーとなる。原水爆禁止運動平和運動でも知られる。34年名大教授。平成2年3月6日死去。88歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「現代哲学」「和魂論ノート」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古在由重
こざいよししげ
(1901―1990)

哲学者。東京生まれ。古在由直と妻豊子(清水紫琴(しみずしきん))の子。東京帝国大学哲学科卒業。1935年(昭和10)から唯物論研究会の活動に参加し、『唯物論通史』『初期唯物論の形成』(ともに1936)、『現代哲学』(1937)を発表して、日本のマルクス主義哲学の確立・発展に大きく寄与した。日本共産党に協力し、1933年と1938年の2回、治安維持法によって検挙・投獄された。第二次世界大戦後、民科(民主主義科学者協会)哲学部会の活動に参加し、のち名古屋大学教授。1970年代からベトナム人民支援運動、原水爆禁止運動で指導的役割を果たした。その哲学の特徴として、時代の実践的課題との格闘、日本思想の進歩的伝統の継承、ヒューマニズムなどがあげられる。著書に『人間讃歌(さんか)』(1974)、『和魂(わこん)論ノート』(1984)などがある。[芝田進午]
『『古在由重著作集』全6巻(1965~1975・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古在由重の関連キーワード池上鎌三岩崎武雄植田清次勝部謙造桂寿一川合貞一佐藤通次須田豊太郎速水敬二山元一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古在由重の関連情報