コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田広志 ながたひろし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永田広志
ながたひろし

[生]1904. 長野
[没]1947. 松本
唯物論哲学者。東京外国語専門学校露語科卒業。プロレタリア科学研究所,戦闘的無神論者同盟,唯物論研究会などに参加するかたわら,ソ連の哲学を紹介。マルクス主義の方法で日本思想史を分析し,マルクス主義哲学の日本への定着に貢献した。 1939年治安維持法違反で起訴されたが,病気で刑を免れた。主著『唯物弁証法講話』 (1933) ,『日本封建制イデオロギー』 (35) ,『唯物史観講話』 (36) ,『日本唯物論史』 (36) ,『日本哲学史』 (37) など。『永田広志選集』 (7巻) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田広志 ながた-ひろし

1904-1947 昭和時代の哲学者。
明治37年4月1日生まれ。プロレタリア科学研究所,唯物論研究会にくわわり,マルクス主義哲学論文等の翻訳,日本近世思想史の研究・体系化をおこなった。戦後,民主主義科学者協会の創立にくわわる。昭和22年9月7日死去。44歳。長野県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。筆名は君島慎一。著作に「日本唯物論史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永田広志
ながたひろし
(1904―1947)

哲学者。長野県に生まれる。1923年(大正12)東京外国語学校(現、東京外国語大学ロシア語科を卒業。1929年(昭和4)からプロレタリア科学研究所のメンバーとなり、以後、戦闘的無神論者同盟、唯物論研究会などで活躍した。1939年治安維持法違反で起訴されたが、病気のため刑の執行を免れた。第二次世界大戦後は民主主義科学者協会(1946)の創立者の一人となった。初めロシア語の哲学文献の翻訳に従事していたが、1932年ごろから著作活動を開始し、『唯物弁証法講話』(1933)、『唯物史観講話』(1935)、『現代唯物論』(1935)、『日本唯物論史』(1936)、『日本封建制イデオロギー』(1938)、『日本哲学思想史』(1938)などを次々に公刊した。これらは、マルクス主義の理論的研究と日本近世思想史の研究とに大別される。とりわけ後者は、日本の近世儒教を思想史として研究した先駆的業績として高く評価された。[渡辺和靖]
『『永田広志日本思想史研究』全3巻(1967~1969・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

永田広志の関連キーワード日露戦争東欧演劇性教育解析変成作用熱雲新潮社(株)日活(株)丹羽文雄教科書中国映画

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone