コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

称する ショウスル

デジタル大辞泉の解説

しょう・する【称する】

[動サ変][文]しょう・す[サ変]
名乗る。名づけて言う。「自ら名人と―・する」「論文と―・するほどのものではない」
口実として言う。偽って言う。「病気だと―・して会社を休む」
ほめたたえる。「その功績を―・する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうする【称する】

( 動サ変 ) [文] サ変 しよう・す
名付けて呼ぶ。名乗る。 「第一指を拇指ぼしと-・する」
自分の名や身分を、…だと言う。名乗る。 「道真の後裔と-・する人物」
実際はそうではないのに、…であると言う。いつわる。 「視察と-・して遊びに行く」 「病気と-・して欠席する」
ほめる。たたえる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

称するの関連キーワード熊野速玉神社出目三右衛門松平玉暎女矢田四如軒坂東八平氏小柴探春斎僭王・僣王松本龍澤下鞍・韉感動助詞吉田追風平田玉蘊長野横笛狩野永錫姓を冒す高橋晁山吉川元長長者伝説キヨスク山田詩禅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

称するの関連情報