コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名乗る/名告る ナノル

デジタル大辞泉の解説

な‐の・る【名乗る/名告る】

[動ラ五(四)]
自分の姓名・身分などを相手に告げる。「名を―・ってから話を切り出す」
自分の名としていう。称する。「芸名を―・る」「二代目を―・る」
売り物の名を呼ぶ。
「海老、鰯(いわし)、小貝やうの物、―・りて過ぐる事も明け暮れなり」〈鶉衣・七景記〉
[可能]なのれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

名乗る/名告るの関連キーワード入り婿・入婿・入り聟・入聟朝寝坊 むらく(5代目)竹本 相生太夫(3代目)常磐津文字兵衛(初代)富本 豊前(初代)アレクサンダー大王桃川 如燕(初代)菅野序遊(初代)ハンドルネーム夫婦同姓規定ダブルネーム明石志賀之助暖簾を分ける三遊亭 円子武者小路千家吉田 扇太郎山登 松齢松旭斎天一僭称・僣称松月堂古流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android