コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唾石症 ダセキショウ

3件 の用語解説(唾石症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だせき‐しょう〔‐シヤウ〕【唾石症】

唾液腺やその導管の中に結石(唾石)ができる病気。顎下腺に生じることが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

だせきしょう【唾石症 Sialolithiasis】

[どんな病気か]
 唾液管(だえきかん)または唾液腺(だえきせん)の中に結石(けっせき)ができる病気です。通常は顎下腺(がくかせん)にみられますが、まれに耳下腺(じかせん)にもできます。
[症状]
 唾液管が結石で閉塞(へいそく)されているために、食事の際に唾液分泌(ぶんぴつ)が増すと、導管内圧が急激に増し、激しい痛みとともに顎下腺が腫(は)れます。痛みは30分から1時間で消失します。
 慢性化して唾液腺の機能がなくなり、唾液腺が萎縮(いしゅく)すると、食事による痛み、腫れはなくなります。
 細菌感染が加わると口腔底(こうくうてい)が赤く腫れ、導管開口部から排膿(はいのう)がみられ、顎下部の皮膚も赤く腫れます。
[治療]
 小さい唾石は手術をして摘出します。結石が顎下腺の中にあったり、唾液腺の機能がなくなっているときは、顎下腺ごと摘出します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唾石症
だせきしょう
sialolithiasis

唾液腺(せん)または唾液排泄(はいせつ)導管内に唾液中の石灰分が沈殿して生じた結石を唾石とよび、唾石の存在によって生じる種々の疾患を総称して唾石症という。顎下(がくか)腺管内に生じることが多く、顎下腺体内、耳下(じか)腺体内、耳下腺管内、舌下(ぜっか)腺管内の順に少なくなる。一般に耳下腺、舌下腺には少ない。唾石があってもまったく無症状のこともあるが、唾液の流出が妨げられると、食物摂取時に唾液腺が腫脹(しゅちょう)し、痛みをおこす(唾液仙痛(せんつう))。長期にわたる唾石の存在、とくに導管内の存在によって感染を生じると、排泄導管口付近が発赤、腫脹し、排膿(はいのう)がみられる。炎症が合併すると診断が困難なこともあるが、X線写真、とくに唾液腺造影像では確実に診断される。処置は、唾石が導管内に存在する場合には口腔(こうくう)内より摘出するが、腺体内にある場合には腺全体の摘出を行う。[矢正之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の唾石症の言及

【唾石】より

…これが一定の大きさになり唾液排出管に詰まると,食物摂取時に唾液腺部が痛んだり,はれたりする。これを唾石症という。治療は唾石の摘出によるが,唾液腺に炎症がある場合は,その唾液腺とともに摘出する。…

※「唾石症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唾石症の関連キーワード唾液プチアリン駅館津液唾液腺染色体唾液腺ホルモン多形腺腫(混合腫瘍)唾液検査 (saliva test)唾液検体 (saliva sample)唾液腺腫瘍 (tumor of salivary gland)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone