問頭(読み)モントウ

精選版 日本国語大辞典の解説

もん‐とう【問頭】

〘名〙 令制で、諸道の得業生などに課せられた官人登用試験の試験官。各道出身の式部省官人(など)が当たったが、人材がない場合は、受験者の指名申請により各道の博士や他の官司の成業の人が当たることもあった。問者。問頭博士。
※延喜式(927)一九「使部置筆硯於貢人前。卿若輔自脩問頭。〈略〉命史生授之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android