コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

問(い) トイ

デジタル大辞泉の解説

とい〔とひ〕【問(い)】

問うこと。質問。「問いを発する」
試験などの問題。設問。「左記の問いに答えよ」

もん【問】

[接尾]助数詞。質問・設問などの数を数えるのに用いる。「六のうち四正解

もん【問】[漢字項目]

[音]モン(呉) [訓]とう とい とん
学習漢字]3年
〈モン〉
といただす。とう。とい。「問診問責問題問答学問喚問疑問詰問愚問検問顧問拷問諮問質問尋問設問難問反問不問
人をたずねる。「慰問弔問訪問
〈とん〉「問屋(とんや)
[名のり]ただ・よ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もん【問】

( 接尾 )
助数詞。質問・設問などの数を数えるのに用いる。 「四-中三-正解」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


とい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の問(い)の言及

【問丸】より

…中世に港津や都市に住んで貨物の保管,輸送,販売に携わった商人。問ともいう。〈問男〉〈問丸〉は〈馬借丸〉などと同じく貴族が身分の下のものを呼ぶ使い方で,それが通称となった。…

※「問(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

問(い)の関連キーワード問民苦使(もんみんくし)徳をもって怨みに報いる牢問(ろうもん)牢問(ろうどい)とはずがたり前後を失する間に合ひ言葉溝瀆に縊る泣く子なす九章算術黄帝内経三善康信歯を没す記問の学御名答根組み元遺山助数詞町野氏三答状

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

問(い)の関連情報