コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よしや

3件 の用語解説(よしやの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

よしや

株式会社よしやが展開するスーパーマーケットチェーン。主な出店地域は東京都。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

よしや

?-? 琉球の歌人。
18世紀初めの平敷屋朝敏(へしきや-ちょうびん)作「苔(こけ)の下」に主人公「遊女よしや君」としてえがかれるが,伝説的な存在で,経歴は不明。8歳のとき那覇(なは)の遊郭にうられ,悲恋のため絶食して18歳の生涯をとじたという。恨みや望郷の思いをうたい,恩納(おんな)なべとともに代表的な琉球の歌人とされる。吉屋チルーともよばれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

よしや

生年:生没年不詳
近世琉球の伝説的な女性琉歌人。平敷屋朝敏の擬古文物語「苔の下」の女主人公「よしや君」という遊女に由来する。物語では恋人の某の按司(豪族)と添えず,黒雲殿という金持ちに身受けされたが,ついに不食の病(断食)で死んでいる。これをもとに,口承性の強い琉歌を引きつけながら物語がひとり歩きしたもので,沖縄本島北部の農村の出身で,8歳のときに那覇の遊郭に売られたとか,恋人の某按司も仲里按司となって芝居に仕組まれ,しだいにイメージが鮮明になり,明治期の写本によると,尚質3(1650)年に生まれ,同21年に死んだことになっている。

(池宮正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よしやの関連キーワード平敷屋朝敏平敷平敷の御座平敷の座桟敷屋マンコ・カパク沖縄県うるま市勝連平敷屋阿麻和利遠弥計赤蜂恩納なべ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

よしやの関連情報