コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

啓白 ケイハク

デジタル大辞泉の解説

けい‐はく【啓白】

けいびゃく(啓白)

けい‐びゃく【啓白】

[名](スル)
敬って申し上げること。特に、神仏に願いを申し述べること。法会や修法(ずほう)のおり、趣意や願意を仏に申し上げること。表白(ひょうびゃく)。けいはく。
経文一部分だけを読むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいはく【啓白】

けいびゃく【啓白】

( 名 ) スル
〔「けいひゃく」 「けいはく」とも〕
神仏などに言上すること。特に法会などで、その趣旨や願意を申し述べること。また、その文。 「御立願あり。全玄法印是を-す/平家 3
経文の最初の部分だけを読むこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の啓白の言及

【表白】より

…願文は神仏に祈願する文書であるが,所領を寄進して所願を述べる寄進状形式の願文,造塔堂,造仏,写経などに際して所願を述べ供養する供養願文,施物を表示し諷誦(ふじゆ)を所願する諷誦文など多種に及ぶ。表白は,以上のような施主・願主が認める願文とは異なり,施主・願主から依頼を受けた導師あるいは表白師が,修法・法会の開白または結願に際して,本尊の宝前にて法事の旨趣を啓白(けいびやく)すること,または啓白する文をいう。すなわち,行者たる導師の心中に求める所をあらわして,本尊,大衆に知らしめるために行うのが表白である。…

※「啓白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

啓白の関連キーワード揭・京・係・傾・兄・刑・勁・卿・啓・圭・型・境・契・形・径・徑・恵・惠・慧・慶・憩・憬・掲・携・敬・景・桂・渓・溪・炯・珪・畦・痙・稽・競・系・経・經・継・繋・繫・繼・罫・脛・茎・荊・莖・蛍・螢・計・詣・警・軽・輕・閨・頃・頸・鶏・鷄啓白の鐘ひょう趣意修法願意法会開白表白

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android