善野秀(読み)ぜんの しゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善野秀 ぜんの-しゅう

1825-1896 幕末-明治時代の儒者。
文政8年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。天保(てんぽう)14年江戸にでて長戸得斎,のち林大学頭(だいがくのかみ)の門にまなぶ。下野(しもつけ)(栃木県)足利(あしかが)藩士善野氏の養子となり,明治2年藩の権(ごんの)大参事。16年足利町求道館教授兼足利学校遺跡監守人となる。明治29年7月4日死去。72歳。出羽(でわ)山形出身。本姓は高山。号は霞城。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android