コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善野秀 ぜんの しゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善野秀 ぜんの-しゅう

1825-1896 幕末-明治時代の儒者。
文政8年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。天保(てんぽう)14年江戸にでて長戸得斎,のち林大学頭(だいがくのかみ)の門にまなぶ。下野(しもつけ)(栃木県)足利(あしかが)藩士善野氏の養子となり,明治2年藩の権(ごんの)大参事。16年足利町求道館教授兼足利学校遺跡監守人となる。明治29年7月4日死去。72歳。出羽(でわ)山形出身。本姓は高山。号は霞城。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

善野秀の関連キーワード樋口一葉産業革命史(年表)深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣シモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)ラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android