コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭鏡 こうとうきょうlaryngoscope

翻訳|laryngoscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喉頭鏡
こうとうきょう
laryngoscope

喉頭を観察するための器具。直接喉頭鏡と間接喉頭鏡の2種類がある。前者は声門付近を直接観察するもので,最近はグラスファイバを利用したものや,側視もできるものがつくられている。後者は小さな丸い平面鏡を咽頭に挿入して,反射光によって喉頭部を観察するもので,前後が逆になって見える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐きょう〔‐キヤウ〕【喉頭鏡】

喉頭内部を診察する医療器具の一。金属の柄の先に、小さな鏡を取り付けたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

喉頭鏡【こうとうきょう】

声帯を中心とする喉頭部の観察に用いられる内視鏡。大体120°の角度で金属柄に固定された円形の平面または凸面鏡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうとうきょう【喉頭鏡】

声帯を中心とした喉頭部を観察するための器具。通常、柄の先に円形で小形の鏡が取りつけてある。気管内挿管の際にも用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の喉頭鏡の言及

【内視鏡】より

…日光やランプの光を鏡で反射させることにより,十分な照明が容易に得られたからである。喉頭鏡の創始者はパリの声楽教師ガルシアManuel Garcia(1805‐1906),眼底を見る眼底鏡の創始者は高名なドイツの生理学者H.L.vonヘルムホルツ(1821‐94)とされている。 しかし胃や膀胱のような深部にある内腔を見るためには,体内に光源を持ち込む必要がある。…

※「喉頭鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

喉頭鏡の関連キーワードマッケンジー急性喉頭炎慢性喉頭炎気管内挿管先天性喘鳴仮声帯発声耳鼻咽喉科喉頭がん喉頭結核喉頭癌声帯麻酔