コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

器物損壊等罪 キブツソンカイトウザイ

デジタル大辞泉の解説

きぶつそんかいとう‐ざい〔キブツソンクワイトウ‐〕【器物損壊等罪】

他人の所有物を損壊するなどして、その価値を減少・滅失させる罪。刑法第261条が禁じ、3年以下の懲役または30万円以下の罰金、もしくは科料に処せられる。親告罪の一つ。器物損壊罪器物破損罪
[補説]本罪のいう器物には、飼い犬などのペットも含まれる。電磁的記録、公用・私用文書、建造物、船舶などは含まれない。→公用文書等毀棄罪私用文書等毀棄罪建造物等損壊及び同致死傷罪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

器物損壊等罪の関連キーワード毀棄罪器物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android