コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

器物損壊等罪 キブツソンカイトウザイ

1件 の用語解説(器物損壊等罪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きぶつそんかいとう‐ざい〔キブツソンクワイトウ‐〕【器物損壊等罪】

他人の所有物を損壊するなどして、その価値を減少・滅失させる罪。刑法第261条が禁じ、3年以下の懲役または30万円以下の罰金、もしくは科料に処せられる。親告罪の一つ。器物損壊罪器物破損罪
[補説]本罪のいう器物には、飼い犬などのペットも含まれる。電磁的記録、公用・私用文書、建造物、船舶などは含まれない。→公用文書等毀棄罪私用文書等毀棄罪建造物等損壊及び同致死傷罪

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone