コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四分一(読み)シブイチ

デジタル大辞泉の解説

しぶ‐いち【四分一】

一つのものを四つに割った一つ。4分の1。四半分。
建築で、壁面の入り隅などに取り付ける細長い木。
銅3、銀1の割合で作った日本固有の合金。装飾用。朧銀(おぼろぎん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四分一【しぶいち】

日本古来の合金の一つ。元来は銅3,銀1の組成であったが,現代のものは銀の割合が低くなっている。美しい銀灰色を示すことから朧(おぼろ)銀とも呼ばれ,美術工芸品・装飾品などに使用。金を用いた金四分一,赤銅を用いた黒四分一等もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しぶいち【四分一】

四つに割ったひとつ。四分の一。四半分。
朧銀ろうぎん」に同じ。
壁などの入り隅に取り付ける細長い木。一寸角の四分の一の意という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四分一の言及

【金属工芸】より

…黄色を呈しているところから黄銅とも呼ばれて珍重され,やがて日本でも作られるようになった。このほか,日本独特の色金(いろがね)として,黒紫色を呈する赤銅(しやくどう)(銅にわずかに金を加えたもの),紫色を呈する紫金銅(しきんどう)(赤銅より多めに金を加えたもの),黒味銅(くろみどう)(銅に白目(しろめ)を加えたもの),銀灰色を呈する朧銀(ろうぎん)(銅3に対し銀1で四分一(しぶいち)ともいい,少量の金を加える場合もある),青金(あおきん)(金に銀を加えたもの)などがある。銅および銅合金は緑青(ろくしよう)と呼ばれる青緑銹が生ずるので,防銹と美観をかねて表面に金鍍金(ときん)を施し,金銅(こんどう)製品とすることが多い。…

【装剣金具】より

…特に格式を重視した後藤家の作が形式化する一方,町彫工は自由な立場で製作したため,題材や技法にも斬新さが認められ,技術的にもその発達はめざましいものがあった。材質は金,銀,銅,鉄のほか,四分一(しぶいち)(朧銀(ろうぎん)。銅3,銀1の合金),素銅(すあか)といった多種の金属を併用し,従前の高肉彫や象嵌のほか,肉合彫(ししあいぼり),片切彫(かたきりぼり)といった新技法が工夫されたのもその一例である。…

※「四分一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android