コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四十二の二つ子 シジュウニノフタツゴ

デジタル大辞泉の解説

しじゅうに‐の‐ふたつご〔シジフニ‐〕【四十二の二つ子】

数え年で、男子の42歳は大厄とされ、父親がその年齢のときに2歳になる男児。親を殺すといい、仮に捨てて他人に拾ってもらう風習があった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しじゅうにのふたつご【四十二の二つ子】

父親が四二歳のとき、二歳になる男の子。四二に二を加えると「四四(死死)」になることから忌み嫌われた。父親が四一歳のときに生まれた男の子は親を食い殺すという俗信があり、そのため生まれた子を一度仮に捨てて人に拾わせ、これをもらい受けて育てた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四十二の二つ子の関連キーワード男の子父御俗信

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android