四十二の二つ子(読み)シジュウニノフタツゴ

デジタル大辞泉の解説

しじゅうに‐の‐ふたつご〔シジフニ‐〕【四十二の二つ子】

数え年で、男子の42歳は大厄とされ、父親がその年齢のときに2歳になる男児。親を殺すといい、仮に捨てて他人に拾ってもらう風習があった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しじゅうにのふたつご【四十二の二つ子】

父親が四二歳のとき、二歳になる男の子。四二に二を加えると「四四(死死)」になることから忌み嫌われた。父親が四一歳のときに生まれた男の子は親を食い殺すという俗信があり、そのため生まれた子を一度仮に捨てて人に拾わせ、これをもらい受けて育てた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しじゅうに【四十二】 の 二(ふた)つ子(ご)

(四二に二を加えると四四で「死し」となるのを忌むからか) 数えで、父親が四二歳の時に二歳になる男児。すなわち、父親が四一歳の時に生まれた男児は親を食い殺すという言い伝えがあり、その災いをのがれるために仮に捨てて他人に拾わせる風習があった。女児の場合はかえって吉とした。四十二の子。四十二の親取り子。
※土岐累代記(1615)大桑落城之事「父左京大夫四十二の二つ子とてわらの上より美濃へ下しけるを」
※歌舞伎・御国入曾我中村(1825)四立「世俗の譬へ、四十二の二つ子(ゴ)とて、道路に一旦捨てられしを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android