コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四十二の二つ子 シジュウニノフタツゴ

デジタル大辞泉の解説

しじゅうに‐の‐ふたつご〔シジフニ‐〕【四十二の二つ子】

数え年で、男子の42歳は大厄とされ、父親がその年齢のときに2歳になる男児。親を殺すといい、仮に捨てて他人に拾ってもらう風習があった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しじゅうにのふたつご【四十二の二つ子】

父親が四二歳のとき、二歳になる男の子。四二に二を加えると「四四(死死)」になることから忌み嫌われた。父親が四一歳のときに生まれた男の子は親を食い殺すという俗信があり、そのため生まれた子を一度仮に捨てて人に拾わせ、これをもらい受けて育てた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

四十二の二つ子の関連キーワード男の子父御俗信

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android