大厄(読み)タイヤク

デジタル大辞泉の解説

たい‐やく【大厄】

大きな災難。
いちばん気をつけなければならないとされる厄年。男性は42歳、女性は33歳。→厄年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいやく【大厄】

〔「だいやく」とも〕
非常な災難。
最大の厄年。数え年で、男四二歳、女三三歳とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐やく【大厄】

〘名〙 (「だいやく」とも)
八卦忌(はっけいみ)の一つで、ある方角を忌方とする厄の月日。陰陽師が勘申する八卦忌勘文で、小衰(しょうすい)とともに節切りで示される。物忌が行なわれるが、比較的軽い。八卦物忌、八卦厄日、八卦慎日、厄日ともいう。
※朝野群載‐一五・治暦元年(1065)一二月一〇日「治暦二年歳次丙午、御忌、御年卅三〈略〉小衰〈略〉、大〈二月六日、十一日。七月十日、十五日、十七日。不北行〉」
② 厄月法で、生まれ年(十二支)ごとに、小厄(しょうやく)とともに定められた、厄の月日と方角。
医心方(984)二「厄月法 蝦蟇経云、凡子年生人、大厄在未、小厄在丑、衰六月、十二月〈略〉以厄日不可灸刺、灸刺則死。又以此日服薬大凶」
③ ひじょうな災難。大難。〔運歩色葉(1548)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「若しかくの如き急難大厄に逢ひなば」
④ 近世の俗信で最も忌むべき厄年。男四二歳、女三三歳など。
※俳諧・誹諧之連歌(飛梅千句)(1540)追加「かんきんやそぞろ寒くておとさまし ほしにあたるはことし大やく」
[補注](1)「医心方‐二」や「簾中抄‐下」では、「一説月厄」と①の挙例とは別の月日と方角もあげている。
(2)②の「大厄」「小厄」の実態は不明。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大厄の関連情報