コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四季詠寄三大字(読み)しきのながめよせてみつだい

世界大百科事典 第2版の解説

しきのながめよせてみつだい【四季詠寄三大字】

歌舞伎舞踊。長唄富本常磐津,竹本。1813年(文化10)3月,江戸中村座初演。3世坂東三津五郎初演。2世瀬川如皐作詞,市山七十郎振付。12ヵ月の十二変化物で,傾城,坊主,業平,いさみ商人,清正虎狩,台所唐人,田舎ごぜ,鹿島踊,木賊苅(とくさかり),雇奴(やといやつこ),鷺娘,金太郎と続く。うち初鰹を売るいさみ商人の《松魚売》,鹿島の事触れを舞踊化した《鹿島踊》(初世杵屋勝五郎作曲の長唄と初世鳥羽屋里長作曲の富本の掛合)が残る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の四季詠寄三大字の言及

【松魚売】より

…1813年(文化10)3月江戸中村座初演。3世坂東三津五郎が踊った十二ヵ月変化《四季詠寄三大字(しきのながめよせてみつだい)》のうち,4月の部〈初鰹いさみ商人〉の曲。作詞2世瀬川如皐(じよこう)。…

※「四季詠寄三大字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android