コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四文 シモン

2件 の用語解説(四文の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐もん【四文】

銭1文の4倍。
安っぽいこと、少しばかりのことのたとえ。
「狂歌や誹諧を―ばかりもする人や」〈滑・浮世床・初〉
《四文銭の価値がわずかであったところから》軽々しいこと。軽率なこと。副詞的にも用いる。
「何でも―と呑み込みやした」〈滑・八笑人・二〉
四文銭」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しもん【四文】

一文の四倍。
〔四文銭が軽かったことから〕 軽はずみで、何にでもさしでること。 → 四文と出る
安酒。 「 -一合、湯豆腐一盃がせきの山で/滑稽本・浮世風呂
すこし。いささか。 「狂歌や俳諧を-ばかりもする人や/滑稽本・浮世床
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四文の関連情報