四方輿(読み)シホウゴシ

デジタル大辞泉の解説

しほう‐ごし〔シハウ‐〕【四方×輿】

手輿(たごし)の一。輿屋形をつけ、四方を吹き放しのままですだれを垂らしたもの。上皇摂関大臣以下、公卿僧綱(そうごう)などの遠出のときに用いた。僧の用いた輿の破風(はふ)は雨眉(あままゆ)形、俗人のものは庵(いおり)形であった。よほうごし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しほうごし【四方輿】

手輿てごしの一種。台の四隅に柱を立て屋根をつけ四方に簾すだれをかけて、吹き放しにしたもの。多くは遠出に用いる。前後各々三人ずつで担う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しほう‐ごし シハウ‥【四方輿】

〘名〙 手輿の一種。台の四方に柱を立てて屋根を載せ、四方を吹放しのままで簾を垂らしたもの。屋形の破風(はふ)は、用いる人によって作りが異なり、僧の用いた輿は雨眉(あままゆ)形、俗人の用いた輿は庵(いおり)形であった。また、林間、山中などでは屋形をつけないで板輿にすることもある。上皇、摂関、大臣をはじめとして、公卿、僧綱(そうごう)などが、普通遠出をする時に用いた。よほうごし。
※延慶本平家(1309‐10)一本「既に御供養の日彼の大床の下の聖の許へ四方輿を迎へに遣はさる」

よほう‐ごし よハウ‥【四方輿】

〘名〙 四方を吹放しのままで簾を垂らした輿。しほうごし。〔類聚名物考(1780頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android