四智(読み)シチ

デジタル大辞泉の解説

し‐ち【四×智】

仏語。
諸仏が備えているという4種の智慧。大円鏡智・平等性智(びょうどうしょうち)・妙観察智(みょうかんざっち)・成所作智(じょうしょさち)。
羅漢の4種の智慧。我生已尽智・梵行(ぼんぎょう)已立智・所作已弁智・不受後有智。
度論に説く4種の智慧。道慧・道種慧・一切智・一切種智。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐ち【四智】

〘名〙 仏語。
① 仏果をきわめたときに具有する四種の智をいう。すなわち、大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智。〔性霊集‐六(835頃)〕
※伝光録(1299‐1302頃)祖師子尊者「ただ四倒三毒をはなるるのみにあらず、またすべからく、三身四智をも離却すべし」 〔成唯識論‐一〇〕
② 四諦(したい)を悟る四種の智をいう。すなわち、我生已尽智、梵行已立智、所作已弁智、不受後有智。〔勝鬘経義疏(611)〕
③ 世俗から仏に至る、その智を四種に分けたもの。すなわち、道慧、道種慧、一切智、一切種智。〔法華文句‐四・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報