コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大円鏡智 だいえんきょうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大円鏡智
だいえんきょうち

仏教用語。 (1) 顕教でいう四智の一つ。如来智慧を大円鏡にたとえたもの。如来の智慧には人々の善悪の行為の結果としてさまざまな境界が現出することを知る働きがあり,ちょうど大円鏡に映るようであるので大円鏡智という。 (2) 密教でいう五智の一つ。阿 閦 (あしゅく) 如来の智慧を表わす。また東方,地大菩提心を表わす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいえんきょう‐ち〔ダイヱンキヤウ‐〕【大円鏡×智】

仏語。仏の四智の一。密教では五智の一。大きな丸い鏡が万物の形を映すように、すべてを正確に照らす智慧。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいえんきょうち【大円鏡智】

〘仏〙 顕教では仏の四智、密教では五智の一。阿頼耶識あらやしきから転ずることによって生ずる仏の完全な智。優れた鏡のようにすべてを映しだすことからいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大円鏡智の関連キーワード四智梵語讃祥山宗瑞祥山宗端五智如来阿閦仏仏語

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android