コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大円鏡智 だいえんきょうち

3件 の用語解説(大円鏡智の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大円鏡智
だいえんきょうち

仏教用語。 (1) 顕教でいう四智の一つ。如来の智慧を大円鏡にたとえたもの。如来の智慧には人々の善悪の行為の結果としてさまざまな境界が現出することを知る働きがあり,ちょうど大円鏡に映るようであるので大円鏡智という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいえんきょうち【大円鏡智】

〘仏〙 顕教では仏の四智、密教では五智の一。阿頼耶識あらやしきから転ずることによって生ずる仏の完全な智。優れた鏡のようにすべてを映しだすことからいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone