コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大円鏡智 だいえんきょうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大円鏡智
だいえんきょうち

仏教用語。 (1) 顕教でいう四智の一つ。如来智慧を大円鏡にたとえたもの。如来の智慧には人々の善悪の行為の結果としてさまざまな境界が現出することを知る働きがあり,ちょうど大円鏡に映るようであるので大円鏡智という。 (2) 密教でいう五智の一つ。阿 閦 (あしゅく) 如来の智慧を表わす。また東方,地大菩提心を表わす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいえんきょう‐ち〔ダイヱンキヤウ‐〕【大円鏡×智】

仏語。仏の四智の一。密教では五智の一。大きな丸い鏡が万物の形を映すように、すべてを正確に照らす智慧。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいえんきょうち【大円鏡智】

〘仏〙 顕教では仏の四智、密教では五智の一。阿頼耶識あらやしきから転ずることによって生ずる仏の完全な智。優れた鏡のようにすべてを映しだすことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大円鏡智の関連キーワード四智梵語讃祥山宗瑞祥山宗端五智如来阿閦仏仏語

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android