コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四条隆季 しじょう たかすえ

1件 の用語解説(四条隆季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四条隆季 しじょう-たかすえ

1127-1185 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
大治(だいじ)2年生まれ。藤原家成(いえなり)の長男。鳥羽(とば)上皇の重臣だった父の権勢を背景に参議,中納言をへて,権大納言,大宰帥(だざいのそち)となる。正二位。和歌にすぐれ,「久安六年御百首」を詠進したほか,「詞花和歌集」以下の勅撰(ちょくせん)集に11首のる。邸宅の所在地から四条,大宮を号とした。元暦(げんりゃく)2年1月11日死去。59歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の四条隆季の言及

【四条家】より

…藤原氏北家の流れ。家格は羽林家。大納言を先途とする。贈太政大臣藤原房前の子左大臣魚名の三男美作守末茂から出て,平安時代末の中御門中納言家成の男権大納言隆季を始祖とし,以後四条家と称した。家名は隆季が四条大宮に居を構えたのにちなみ大宮家とも称した。当家は包丁道の家として有名で,料理調進の作法を伝えているが,また笙(しよう)を家業ともした。隆季の子権大納言隆房は,鎌倉時代初頭の歌人として知られている。政治史的には南北朝期,南朝にあって活躍した四条隆資・隆俊父子や,北朝に仕えた四条隆蔭は有名。…

※「四条隆季」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

四条隆季の関連キーワードザンギー朝文治講史コンラート[3世]水石宋銭中国演劇宋版藤原隆季安徳天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone