四角竹(読み)しかくだけ

  • 四角竹 (シカクダケ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 イネ科、タケ、ササ類の一種。中国原産で、観賞用として栽植される。稈(かん)は高さ三~八メートルになり、中空で径四センチメートルぐらい。浅い四稜(りょう)があって、節の上にとげ状の気根を出す。葉は小枝に三~五枚ずつ生じ、披針形で長さ一五~三〇センチメートル。竹の子は秋から初冬に出て、皮には紫色の斑点がある。漢名、方竹。しほうちく。いぼたけ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android