コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回り縁 マワリエン

6件 の用語解説(回り縁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まわり‐えん〔まはり‐〕【回り縁】

建物や部屋の周囲の二方以上にめぐらした縁側。

まわり‐ぶち〔まはり‐〕【回り縁】

天井のまわりの壁と接する部分に取り付けた横木。天井回り縁

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まわりぶち【回り縁】

壁と天井が交差する部分に取り付けられる棒状の部材。交差部のゆがみを隠し直線に見せる働きをもつ。木材を用いることが多いが,天井仕上材の種類に応じて,アルミニウムプラスチックなども使用される。壁が左官仕上げの場合には壁の施工に先立って取り付けられ,定規として用いられるが,天井も左官仕上げの場合には回り縁を用いず,繰り型に塗りあげることがある。壁が板状の部材の場合には壁を張りあげた後に取り付けられ,天井との取合い(2材の接合部分)をそろえるために用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まわりえん【回り縁】

部屋の二方以上をとりまく縁。

まわりぶち【回り縁】

建築で、天井と壁が接する部分に納まりのために取り付けた縁木。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回り縁の関連情報