コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回り縁 マワリエン

デジタル大辞泉の解説

まわり‐えん〔まはり‐〕【回り縁】

建物や部屋の周囲の二方以上にめぐらした縁側

まわり‐ぶち〔まはり‐〕【回り縁】

天井のまわりのと接する部分に取り付けた横木天井回り縁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まわりぶち【回り縁】

壁と天井が交差する部分に取り付けられる棒状部材。交差部のゆがみを隠し直線に見せる働きをもつ。木材を用いることが多いが,天井仕上材の種類に応じて,アルミニウムプラスチックなども使用される。壁が左官仕上げの場合には壁の施工に先立って取り付けられ,定規として用いられるが,天井も左官仕上げの場合には回り縁を用いず,繰り型に塗りあげることがある。壁が板状の部材の場合には壁を張りあげた後に取り付けられ,天井との取合い(2材の接合部分)をそろえるために用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まわりえん【回り縁】

部屋の二方以上をとりまく縁。

まわりぶち【回り縁】

建築で、天井と壁が接する部分に納まりのために取り付けた縁木。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

まわりぶち【回り縁】

天井と壁が接する部分に取り付ける細長い棒状の化粧部材。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

回り縁の関連キーワード竿縁・棹縁蟻壁長押色彩調節天井長押竿縁天井納まり折上げ隅扠首織部床露滴庵蟻壁高欄建築建物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android