コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回帰性リウマチ かいきせいりうまちPalindromic Rheumatism

1件 の用語解説(回帰性リウマチの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かいきせいりうまち【回帰性リウマチ Palindromic Rheumatism】

[どんな病気か]
 急性の関節炎(かんせつえん)の発作をくり返す病気で、おもに、どこか1つの関節が赤く腫(は)れあがります。その関節の近くに炎症(疼痛(とうつう)、発赤(ほっせき))を生じることもあります。
 関節炎は3、4日以内に自然に消えてしまい、発作時以外はまったく症状がありません。
 比較的まれな病気ですが、日本では20~50歳代の男女に同じ程度にみられるといわれています。関節炎は、膝(ひざ)、足、手、肘(ひじ)などに多く現われ、夕方から夜半にかけて疼痛が強くなることがよくあります。関節リウマチ(「関節リウマチ」)に移行することがあります。
 原因は、まだわかっていません。
[検査と診断]
 関節リウマチの患者さんによくみられる、自分の血液成分を攻撃する抗体(こうたい)(リウマトイド因子)は発見されません。また、長期間発作があっても、関節のX線像には異常がみられないのがふつうです。
 発作時にだけ、白血球(はっけっきゅう)の増加、血液沈降速度(けつえきちんこうそくど)(血沈(けっちん))の亢進(こうしん)、CRP(C反応性たんぱく)の軽度の上昇がみられることがあります。
 発作時にだけ関節が赤く腫れて痛み、発作がないときに症状がまったくなければ、この病気が疑われます。
 症状や経過などで診断されますが、痛風(つうふう)、偽痛風(ぎつうふう)、間欠性関節水腫(かんけつせいかんせつすいしゅ)、関節リウマチなどとの識別が必要です。
[治療]
 発作を抑えることはできませんが、非ステロイド抗炎症薬、抗リウマチ薬が使われます。
[日常生活の注意]
 発作時は安静を保ち、ストレスや過労を避けます。発作がないときは、とくに制限はしません。生命や機能にかかわるようなことはありません。
 気温や運動などの物理的な刺激を受けたり、過労の後に、発作の生じる関節に軽いうずきを感じる場合がありますので、そのようなときに、坐薬(ざやく)や非ステロイド抗炎症薬を使うと、発作を予防することができます。
 患者さんの約10%は自然によくなりますが、約30%の患者さんは関節リウマチになる可能性がありますので、定期的に通院・治療をすることがたいせつです。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone