コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回折法 かいせつほうdiffraction method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回折法
かいせつほう
diffraction method

X線などの波をあて,その散乱の様子から結晶分子内の原子の配列を分析する方法。X線回折電子回折中性子回折が知られている。波はおもに結晶の表面の原子と衝突して多方向に散乱されるが,原子が規則的に配列されていると,各原子から特定の方向に散乱された成分が干渉して強め合い,反射光に模様が生じる。その模様から物質内部の原子配列を推定する。20世紀初頭に,波長が原子の間隔と同程度である X線を使って行なわれたのが最初だが,1927年にデービソン=ジャーマーの実験により電子でも同じ現象が起こることが発見され,電子が波の性質をもつことの証拠となった。さらに 20世紀中頃には中性子線を使った実験も可能になった。中性子は原子の周囲にある電子によっては散乱されないので,水素など特に軽い原子核の配列をより明瞭に検出でき,生体高分子の解析に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

回折法の関連キーワードバートン(Derek Harold Richard Barton)D.ハロルド・リチャード バートンネルソン‐ライリーの関数キルヒホッフの回折理論デバイ=シェラー法デバイ‐シェラー環M.F. ペルツフリーデルの法則芳香族化合物合金の状態図ラウエ写真三井 幸雄電子線回折イオン結晶分子構造論X線鉱物学デービソンアミロイド立体化学物理化学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android