コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因陀羅網 いんだらもうindrajāla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

因陀羅網
いんだらもう
indrajāla

インドラ神の網のこと。インドで一般に魔術の所産の意に用いられた。華厳仏教では,インドラ神の宮殿にある網で,結び目宝玉がつけられ,宝玉同士が互いに映じ合って,それが無限に映じるとして,重重無尽の理論を説明するのに用いられる。帝網 (たいもう) ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いんだら‐もう〔‐マウ〕【因×陀羅網】

帝釈天(たいしゃくてん)の宮殿を飾る網。その無数の結び目一つ一つに珠玉があり、互いに映じあうことから、一切のものが互いに障害とならずに関連しあうことにたとえる。帝網。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんだらもう【因陀羅網】

〘仏〙 インドラ、すなわち帝釈天の宮殿を飾っている網。その網の結び目には宝玉がついており、それぞれが互いに反映している。華厳宗の説く、すべての事物が無限に交渉し、通じあっているとする事事無礙法界じじむげほつかいの比喩としてよく用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

因陀羅網の関連キーワード帝釈天十玄門華厳宗事物無尽