コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団体訴訟 だんたいそしょう

2件 の用語解説(団体訴訟の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

だんたいそしょう【団体訴訟】

多数の人の共通利益を法律上または事実上代表する団体が提起する訴訟。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だんたいそしょう【団体訴訟 Verbandsklage】

西ドイツで発展した訴訟方式で,団体に民事訴訟原告適格(提訴権)を与えて,訴訟を遂行させるもの。不正競争防止法,値引法,景品令,競争制限禁止法,普通取引約款法,手工業法に規定が置かれている。この制度の始まりは,商工会議所,手工業組合などの同業者団体に,業界の秩序を維持するために,個々の業者の秩序違反行為の差止めを訴求する権限が与えられたことにあり,これらの団体がツンフト制度の下で伝統的に有していた自治権能を背景としたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

団体訴訟の関連キーワードPAL西ドイツドイツ連邦共和国基本法ドイツ基本法統一ドイツノルトラインウェストファーレン南西ドイツ放送交響楽団クラス・アクションギンガー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

団体訴訟の関連情報