コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団円 ダンエン

デジタル大辞泉の解説

だん‐えん〔‐ヱン〕【団円】

[名・形動]
まるいこと。また、そのさま。
「―なる地球」〈中村訳・西国立志編
円満であること。また、そのさま。
「政府人民の別ありと雖も、原来―なる一物にして」〈西村茂樹明六雑誌三九〉
欠ける所もなく完全に終わること。→大団円
「弓張月拾遺の篇、凡(およそ)十巻にして―をなせり」〈読・弓張月・拾遺〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんえん【団円】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まるい・こと(さま)。 「 -なる地球、淼漫びようまんたる洋海/西国立志編 正直
円満である・こと(さま)。 「之を分てば政府人民の別ありと雖ども原来-なる一物にして/明六雑誌 39
円満におさまること。終わり。 「およそ十巻にして-をなせり/読本・弓張月 拾遺」 → 大団円

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

団円の関連キーワード囁谷シルバー男声合唱団西廂記(せいそうき)デウスエクスマキナグランドフィナーレカタストロフィーカタストロフィ森新太郎(2)京本通俗小説イエスタデイ松田智恵子八代名菜子フィナーレ内埜 則之中條サエ子児女英雄伝中平良夫馬渡亜樹田原正治黒木優美福井裕子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団円の関連情報