コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清明 せいめい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清明
せいめい

二十四節気の一つ。太陰太陽暦の3月節 (3月前半) のことで,太陽の黄経が 15°に達した日 (太陽暦の4月5日か6日) に始り,穀雨 (黄経 30°,4月 20日か 21日) の前日までの約 15日間であって,その頃季節的にすがすがしい南東の風が吹くので,清明と名づけられた。現行暦ではこの期間の第1日目をさす。昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (桐始華,田鼠化為じょ,虹始見) に区分した。それは,桐の花が咲きはじめ,もぐら (田鼠) が家鳩 (じょ) に化け,虹が見えはじめる時期の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐めい【清明】

[名・形動]
清く明らかなこと。また、そのさま。「清明の気」「清明な秋月」
二十四節気の一。4月5日ごろ。このころ、天地がすがすがしく明るい空気に満ちるという。 春》「―の路ゆく媼(ばば)が念珠かな/蛇笏
[形動タリ]澄んで明るいさま。
「月―たるに見れば」〈太平記・二五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

清明

4月5日頃 清明とは「清浄明潔」の略で「万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり」という意味があります。間単にいえば「満開の桜をみると、全てのモノが生き生きしているように見えるなぁ。さあ、花見だ!」ということでしょうか。この頃南の地方には、越冬のためツバメが渡ってくるようです。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいめい【清明 Qīng míng】

中国,二十四節気の一つ。新暦4月4,5日ごろにあたる。気候もすっかり温暖となり,桃やスモモの花が咲き,柳が緑にけむって,まさに清明(すがすがしい)と呼ぶにふさわしい。唐代以降,郊外に出かけて酒宴を開く,いわゆる踏青(とうせい)の行事が盛んになったのも,新鮮な緑へのあこがれのためである。清明節は,禁火のために冷食する寒食節の後に直接連続する祝日であり,早朝になると,人々は一斉に新しい火を起こした。これを新火と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいめい【清明】

( 名 )
二十四節気の一。三月節気。太陽が黄経15度に達した時をいい、現行の太陽暦で4月5日頃にあたる。万物清く陽気になる時期という意。
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
清く明らかなこと。清らかで、曇りのないさま。 「 -な月影」 「天地-なり/新聞雑誌 40
( 形動タリ )
に同じ。 「月殊に晴渡て、虚空-たるに/太平記 12

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清明
せいめい

二十四節気(せっき)の一つ。太陽の黄経が15度に達したときで、暦のうえでは陰暦3月、春分ののち15日目、新暦の4月5、6日ころにあたる。「万物ここに至って皆潔斎(けっさい)なり」といわれる季節である。琉球(りゅうきゅう)(沖縄地方)ではこの日を清明祭といって墓参を行う。また関東以西の本土ではソメイヨシノの花盛りの時期にあたる。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

清明の関連キーワード豊橋市二川宿本陣資料館鶏合わせ・鶏合せフュルチエール競輪上人行状記中京大中京高校名田庄〈村〉オードゥー清明上河図江川 吟舟雪廼門春見林原美術館意識清明期中村岳陵高田未白板宮清治意識障害猪原大華鈴木英夫江川吟舟根本順吉

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清明の関連情報