コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟骨肉腫 なんこつにくしゅChondrosarcoma

家庭医学館の解説

なんこつにくしゅ【軟骨肉腫 Chondrosarcoma】

[どんな病気か]
 軟骨肉腫は、腫瘍が軟骨を形成するもので、骨肉腫についで多い骨の悪性腫瘍(あくせいしゅよう)(がん)です。
 骨肉腫に比べると、かかりやすい年齢は高く、20~30歳代に多くみられます。さらに高い年齢でも、かかります。
 以前からあった骨の良性腫瘍(骨軟骨腫(こつなんこつしゅ)(「骨軟骨腫」)、内軟骨腫(ないなんこつしゅ)(「内軟骨腫」))が、悪性に変化して、軟骨肉腫となることがあります。このようなことは、比較的高い年齢の人におこります。
 大腿骨(だいたいこつ)(ももの太い骨)、脛骨(けいこつ)(膝(ひざ)から下のもっとも太い骨)など、長管骨(ちょうかんこつ)(大きく長い筒状の骨)のほか、骨盤(こつばん)や肩甲骨(けんこうこつ)などの扁平骨(へんぺいこつ)にも発生することがあります。
[症状]
 主要な症状は、痛みです。しだいに痛みが増して、鎮痛薬が必要になってきます。
 以前からあった腫瘤(しゅりゅう)(腫(は)れもの、こぶ)が急速に大きくなり、痛みをともなうようになることがあります。このようなときは、良性の骨軟骨腫が悪性に変化した可能性があります。したがってただちに、がんなどの専門医を訪れる必要があります。
 また、この病気では病的骨折(腫瘍のために骨の強度が弱まり、小さな力で骨折すること)をおこし、急に激痛を感じることもあります。
 腫瘍が非常に大きくなると、関節の動きが障害されます。
[検査と診断]
 診断は、単純X線像、骨シンチグラフィー(アイソトープによる画像で腫瘍を見つける検査)、CT、MRIなどの画像検査と、最終的には、腫瘍の小片をとって顕微鏡で組織を調べること(生検(せいけん))によって診断します。
[治療]
 ふつうの軟骨肉腫は、比較的悪性の程度が低く、肺などの遠い臓器に転移(遠隔転移)することはまれです。
 しかし、腫瘍が非常に大きくなると、遠隔転移がおこることがあります。
 化学療法、放射線療法などは効果が期待できません。したがって手術が主要な治療法となります。
 手術には、腫瘍の部分を完全に切除して、人工関節などに置き換える方法、腫瘍のできた骨を、腫瘍ごといったん取り出した後に、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で処理をしてもとにもどす方法、自分の骨を移植する方法などがあります。
 このようにさまざな方法による再建術を用いて、腕や脚(あし)を失わないですむような患肢温存(かんしおんぞん)手術が行なわれます。
 腫瘍が巨大で、部分的な切除が不可能な場合には、やむをえず手足の切断術、腕や脚の関節からの離断術が行なわれます。
 悪性度の高い未分化型、特殊型の軟骨肉腫では、手術だけでは転移を防ぎきれない可能性があるので、補助的に、抗がん剤などによる化学療法が行なわれます。
 しかし、通常型に対しては、このような補助的な化学療法は行なわれていません。
 手術による5年生存率(5年たった時点の生存率)は、60%を超えています。また、治療を開始したときに、遠隔転移がない場合には、5年生存率は70%以上となっています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

軟骨肉腫の関連キーワード大島 みちこ大島みち子固形癌骨腫瘍