コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家基本法[ロシア] こっかきほんほうロシアOsnovnye Gosudarstvennye Zakony Rossiiskoi Imperii

1件 の用語解説(国家基本法[ロシア]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家基本法[ロシア]
こっかきほんほうロシア
Osnovnye Gosudarstvennye Zakony Rossiiskoi Imperii

1906年5月 10日 (旧暦4月 27日) に発布されたロシア帝国の憲法。 05年の革命の際,ツァーリ政府は「十月宣言」を発表して立法権をもつ国会 duma (ドゥーマ ) の開設などを約束したが,その後の革命の退潮によって自信を回復し,第1国会が招集されたその日に国家基本法を発布して,十月宣言による改革を骨抜きにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国家基本法[ロシア]の関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone