コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家承認 こっかしょうにん

2件 の用語解説(国家承認の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

こっかしょうにん【国家承認】

既存の国家が、独立・分離などによって成立した新国家を、国家としての国際法上の地位(国際法主体性)を認めること。新国家が領土・国民・実効的政府および外交能力を有することが必要とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国家承認【こっかしょうにん】

国家の合併・併合,分裂・分離独立などによる新たな国家が既存国家によって国際法の主体として認められること。そのための条件としては,まず国家としての実質(領土国民,政府)が備わっていること,国際法を守る意思と能力を有していることなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の国家承認の言及

【国交断絶】より

…国交断絶は外交関係の断絶と同義に用いられることがあるが,経済,文化,社会等国家間の関係が全面的に断絶する場合を指す広い概念として用いられることもある。また国家承認と国交断絶とは直接関係なく,国交断絶があっても国家としての承認関係は影響を受けない(承認)。外交関係は,国家間の合意に基づいて設定される法的な関係であり,外交関係の断絶は,一方または双方が断絶の意思をなんらかの形で表示することにより生ずる。…

※「国家承認」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国家承認の関連キーワード宣言近代国家オーストリア併合異型分裂哥倫比亜フランス政教分離法市町村合併の枠組み南魚沼、魚沼両市の合併の経過治安部隊特権法中国の死刑

国家承認の関連情報