コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家責任 コッカセキニン

デジタル大辞泉の解説

こっか‐せきにん〔コクカ‐〕【国家責任】

国家の国際法上の義務違反に対して生じる責任

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国家責任【こっかせきにん】

国際責任

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こっかせきにん【国家責任】

国家が国際的な義務に反する行為を行なったときに負う国際法上の責任。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家責任
こっかせきにん

国際責任」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国家責任
こっかせきにん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国家責任の言及

【国際責任】より

…国際法上の権利・義務が帰属する国際法主体は,原則的に国家で,国際組織および個人も国際法主体性を認められ,国際責任を負うことがあるが,例外的である。その意味で,国際責任は〈国家責任〉ともいわれる。近代国家の国内法のもとでは,違法行為は民法上の不法行為と刑法上の犯罪とに分類されるが,国際違法行為は前者に似ている。…

※「国家責任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国家責任の関連キーワードイラン=アメリカ請求法廷国際法典編纂会議ハーバード草案過失責任の原則フォースター原状回復行政救済生活保護公的扶助国際礼譲民生委員救貧法行為国家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家責任の関連情報