コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道国有法 てつどうこくゆうほう

3件 の用語解説(鉄道国有法の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

てつどうこくゆうほう【鉄道国有法】

地方鉄道を除き、鉄道の国有を原則とする旨を定めた法律。1906年(明治39)制定。87年(昭和62)、日本国有鉄道の民営化に伴い廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉄道国有法【てつどうこくゆうほう】

一地方の交通を目的とする鉄道を除いて,鉄道の国有化を定めた法律(1906年)。1880年代後半から民営鉄道は急速に伸びたが,産業上,軍事上からも統一的な路線網の確立が要望され本法を制定。
→関連項目鉄道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てつどうこくゆうほう【鉄道国有法】

日本の鉄道は原則として国有とすることを定めた法律で1906年制定。日露戦争の終わった1905年末における官営鉄道の営業キロは2413.3kmで,民営鉄道5196.2kmのほぼ1/2であった。しかし民営鉄道には経営不振から政府による買上げを希望する動きがあり,政府も日清,日露両戦争における軍事輸送の経験から,鉄道を国有として一本化することの必要性を感じていた。また鉄道経営上も,ばらばらの鉄道を統合することによって運賃の低減や車両の共用など経済面での利益が得られ,国内産業の振興に役だつと考えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の鉄道国有法の言及

【国有鉄道】より

…現在のドイツの連邦鉄道は国の行政機関の一部であるが,ある程度の自主性を与えられた企業体である。日本もこの流れに沿った国有化が,1906年制定の鉄道国有法によって行われた。交通政策,経営経済上の理由が挙げられているが,日清・日露の戦争を通じて,軍事輸送の必要上,国有化が行われたものと考えられる。…

※「鉄道国有法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄道国有法の関連キーワード私鉄日本国有鉄道民営鉄道類推解釈属地主義国有鉄道南満州鉄道地方鉄道土地国有論鉄道の安全対策事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄道国有法の関連情報