コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国防の本義と其の強化の提唱 こくぼうのほんぎとそのきょうかのていしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国防の本義と其の強化の提唱
こくぼうのほんぎとそのきょうかのていしょう

1934年日本の陸軍省が公刊したパンフレットで,個人主義を否定し,統制経済による高度国防国家の建設を主張したもの。「戦いは創造の父,文化は母である」と書出し,「国防は国家生成発展の基本的活力の作用である」と述べた。軍は 30年代に入るとすぐに,ソ連の5ヵ年計画と在満州権益の危機を理由に政治関与に乗出したが,これは政治への軍の責任を公然と宣言したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国防の本義と其の強化の提唱の関連キーワード陸軍パンフレット事件

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android