国際パラリンピック委員会(読み)こくさいぱらりんぴっくいいんかい(英語表記)International Paralympic Committee

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際パラリンピック委員会
こくさいぱらりんぴっくいいんかい
International Paralympic Committee

パラリンピックを主催する非営利の国際機関。略称IPC障害者スポーツの国際的な統括組織であり、4年ごとに夏季と冬季のパラリンピック競技大会を開催しているほか、世界ランキング登録大会である競技別世界選手権大会を開催している。2013年(平成25)11月時点で日本を含め176か国・地域が加盟している。スローガンはスピリット・イン・モーションSpirit in Motion。事務局をドイツのボンに置く。
 1960年にイギリス、イタリア、オランダ、フランス、ベルギーの5か国で組織された国際ストーク・マンデビル大会委員会(ISMGC:International Stoke Mandeville Games Committee)が前身である。その後、ISMGC、国際身体障害者スポーツ機構(ISOD:International Sports Organization for the Disabled)、国際脳性麻痺(まひ)者スポーツ・レクリエーション協会(CPISRA:Cerebral Palsy International Sports and Recreation Association)、国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA:International Blind Sports Federation)の4団体が参加し、1982年に障害者スポーツのための国際調整委員会(ICC:International Coordination Committee)を設立。1986年にICCへ国際ろう者スポーツ委員会(ICSD:International Committee of Sports for the Deaf)と国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)が加盟した。1988年にICC主催で開かれたパラリンピック・ソウル大会が、オリンピック終了後に共通の会場で行われた初めての大会となった。翌1989年9月、ドイツのデュッセルドルフでIPCが創設された。初代会長はカナダのステッドワードRobert D. Steadward(1946― )。なお、ICC以来の加盟団体であったICSDは1995年にIPCを脱退した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際パラリンピック委員会の関連情報