コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国鱒 クニマス

デジタル大辞泉の解説

くに‐ます【国×鱒】

サケ目サケ科に属する淡水魚田沢湖固有種で、昭和10年(1935)には約9万匹の漁獲量があった。昭和15年(1940)に電源開発や農業利用のため、付近を流れる玉川から強酸性の水が引き込まれたことにより、他の魚類とともに死滅した。これにより絶滅したと考えられていたが、平成22年(2010)に山梨県の西湖で生存が確認された。田沢湖で絶滅する直前に各地で卵が放流されており、その子孫が生存していたと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くにます【国鱒】

サケ目の淡水魚。ベニザケやヒメマスの近縁種。体は暗黒色で、体やひれに斑点は無い。秋田県田沢湖に生息したが、開発による酸性河川水の流入により1950年(昭和25)頃絶滅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

国鱒 (クニマス)

学名:Oncorhynchus kawamurae
動物。サケ科の淡水魚,絶滅種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国鱒の関連情報