コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

國華(こっか)

3件 の用語解説(國華(こっか)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

國華(こっか)

沖縄県、合資会社津嘉山酒造所が製造する泡盛。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こっか【國華】

岩手の日本酒。大吟醸酒本醸造酒などがある。原料米は山田錦など。仕込み水は六角牛(ろっこうし)山麓の伏流水。蔵元の「上閉伊(かみへい)酒造」は寛政元年(1789)創業。所在地は遠野市青笹町糠前。

こっか【國華】

沖縄の泡盛。酒名は、国頭(くにがみ)の華になりたいという願いを込めて命名。一般酒と古酒がある。月2回だけの仕込みによりていねいに造られる。原料はタイ米、黒麹。アルコール度数30%、43%。蔵元の「津嘉山酒造所」は大正13年(1924)頃創業。所在地は名護市大中。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

國華(こっか)の関連キーワード国頭おもろender首里天舞天萬座沖縄県国頭郡海乃邦王朝乃邦沖縄の長かな

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone