コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐半紙 トサバンシ

3件 の用語解説(土佐半紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とさ‐ばんし【土佐半紙】

土佐から産し、工芸紙として良質な半紙。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とさばんし【土佐半紙】

土佐国から産出する半紙。品質のよいものとして知られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土佐半紙
とさばんし

土佐国(高知県)で産出される半紙。土佐は古くから和紙の産地として知られていたが、近世の土佐紙を著しく発展させたのは、初代土佐藩主山内一豊(やまうちかずとよ)が、土佐七色紙を幕府への献上品と定めて製紙を育成したのによる。しかし、庶民用の平紙(ひらがみ)として半紙の生産量が急上昇したのは、1787年(天明7)に農民の反対運動によって専売制度が撤廃されてからのことである。そして江戸末期には、製紙戸数1万5000余、年産額700万束(ぞく)に達し、全国一の紙どころとなった。同地の吉井源太(1826―1908)は『日本製紙論』(1898)を著し、また改良漉(ず)きも創案した。現在は生産も減ったが、古くからの伝統的な技術が守られて工芸紙としても名声を保っている。標準の半紙の寸法は縦24センチメートル、横33センチメートルである。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土佐半紙の関連キーワード半紙青土佐小半紙駿河半紙鼠半紙本土佐藁半紙山半紙土佐和紙工芸村土佐和紙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone