土佐半紙(読み)とさばんし

日本大百科全書(ニッポニカ)「土佐半紙」の解説

土佐半紙
とさばんし

土佐国(高知県)で産出される半紙。土佐は古くから和紙の産地として知られていたが、近世の土佐紙を著しく発展させたのは、初代土佐藩主山内一豊(やまうちかずとよ)が、土佐七色紙を幕府への献上品と定めて製紙を育成したのによる。しかし、庶民用の平紙(ひらがみ)として半紙の生産量が急上昇したのは、1787年(天明7)に農民の反対運動によって専売制度が撤廃されてからのことである。そして江戸末期には、製紙戸数1万5000余、年産額700万束(ぞく)に達し、全国一の紙どころとなった。同地の吉井源太(1826―1908)は『日本製紙論』(1898)を著し、また改良漉(ず)きも創案した。現在は生産も減ったが、古くからの伝統的な技術が守られて工芸紙としても名声を保っている。標準の半紙の寸法は縦24センチメートル、横33センチメートルである。

[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「土佐半紙」の解説

とさ‐ばんし【土佐半紙】

〘名〙 (「とさはんし」とも) 土佐国(高知県)から産出する半紙。の繊維で製し、紙質がよいので知られた。〔福翁自伝(1899)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「土佐半紙」の解説

とさ‐ばんし【土佐半紙】

土佐から産し、工芸紙として良質な半紙。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android