コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐少掾橘正勝(初代) とさのしょうじょう たちばなの まさかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土佐少掾橘正勝(初代) とさのしょうじょう-たちばなの-まさかつ

?-? 江戸時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
土佐節の開祖。江戸の薩摩(さつま)浄雲座の人形遣い内匠(たくみ)市之丞の子。浄雲門下で江戸虎之助,内匠虎之助を称した。寛文11年(1671)土佐座をおこす。延宝2年ごろ土佐少掾を受領,土佐太夫ともよばれた。硬派の浄雲系にあって上品でしとやかな芸風であった。門下に手品市左衛門ら。通称は内匠土佐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android