土崎港(読み)つちざきみなと

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕土崎港(つちざきみなと)


秋田県秋田市にある地区。
旧・雄物(おもの)川の河口部に位置する。1941年(昭和16)秋田市編入した南秋田郡土崎港町の町域に相当。古くは土崎湊とも書く。江戸時代は秋田城下町の外港河口港として栄えた。秋田市に編入後、土崎港は秋田港改称

〔秋田県〕土崎港(つちざきみなと)


秋田市西部の港湾地区。旧雄物(おもの)川の河口部に位置する。土崎港町が1941年(昭和16)秋田市に編入。江戸時代は秋田城城下町の外港、河口港として栄えた。秋田市に編入後、土崎港は秋田港と改称。石油・化学などの工場や流通関連施設が立地する。古くは土崎湊(つちざきみなと)とも書いた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土崎港
つちざきみなと

秋田市北西部、旧雄物(おもの)川河口にある港湾地区。旧土崎港町。古くは秋田湊(みなと)、湊、土崎湊とも書き、中世には安東(あんどう)氏が湊城を築いた。1604年(慶長9)佐竹氏は久保田(秋田)城を構え、土崎は城下の外港となった。北国海運、西廻(にしまわり)海運の港として上方(かみがた)と結び、秋田の米、木材などの産物を上方へ送り、塩、砂糖、反物、紙、畳表を移入した。1941年(昭和16)秋田市と合併して土崎港は秋田港と改め、1951年重要港湾に指定された。[宮崎禮次郎]
『『土崎港町史』復刻版(1979・秋田市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土崎港の関連情報