コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土崎港 つちざきみなと

3件 の用語解説(土崎港の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕土崎港(つちざきみなと)


秋田県秋田市にある地区。
旧・雄物(おもの)川の河口部に位置する。1941年(昭和16)秋田市に編入した南秋田郡土崎港町の町域に相当。古くは土崎湊とも書く。江戸時代は秋田城下町の外港、河口港として栄えた。秋田市に編入後、土崎港は秋田港に改称。

〔秋田県〕土崎港(つちざきみなと)


秋田市西部の港湾地区。旧雄物(おもの)川の河口部に位置する。土崎港町が1941年(昭和16)秋田市に編入。江戸時代は秋田城城下町の外港、河口港として栄えた。秋田市に編入後、土崎港は秋田港と改称。石油・化学などの工場や流通関連施設が立地する。古くは土崎湊(つちざきみなと)とも書いた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土崎港
つちざきみなと

秋田市北西部、旧雄物(おもの)川河口にある港湾地区。旧土崎港町。古くは秋田湊(みなと)、湊、土崎湊とも書き、中世には安東(あんどう)氏が湊城を築いた。1604年(慶長9)佐竹氏は久保田(秋田)城を構え、土崎は城下の外港となった。北国海運、西廻(にしまわり)海運の港として上方(かみがた)と結び、秋田の米、木材などの産物を上方へ送り、塩、砂糖、反物、紙、畳表を移入した。1941年(昭和16)秋田市と合併して土崎港は秋田港と改め、1951年重要港湾に指定された。[宮崎禮次郎]
『『土崎港町史』復刻版(1979・秋田市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土崎港の関連キーワード秋田市雄物川秋田英雄ユーロポート秋田市文化会館大森[町]雄和[町]日本の港湾秋田湾地区開発計画

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土崎港の関連情報