秋田市(読み)あきた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田〔市〕
あきた

秋田県中西部,雄物川下流域にある中核市。日本海に臨み,秋田平野から出羽山地中部の太平山地に広がる。県庁所在地。1889年市制。1924年牛島町,1926年川尻村,1933年旭川村,1941年には土崎港町,寺内町,新屋町の3町と広山田村,1954年大平村,外旭川村,飯島村,下新城村,上新城村,浜田村,豊岩村,仁井田村,四ッ小屋村,上北手村,下北手村,下浜村の 12村,1955年金足村の一部をそれぞれ編入して市城を拡大。2005年河辺町と雄和町を編入。天平5(733)年高清水岡に出羽柵が置かれて出羽の国府となる。慶長7(1602)年常陸から佐竹氏が移封後,城下町として発展。市の中央部を流れる旭川を自然の堀とし,東を内町,西を外町(とまち)と呼ぶ。内町はかつての武家屋敷で,現在は商業・文教地区。外町には江戸時代からの老舗や寺院も多い。雄物川は新屋で放水されるが,ここから土崎港にいたる旧雄物川の河岸が埋め立てられて工業地区となった。河口に秋田港が築港され,臨海地域に石油,木材,非鉄金属,化学工業などの工場が立地する。雄物川流域,および支流の岩見川河岸では米作が行なわれる。北東部は国有林で占められる。秋田城跡,平田篤胤墓は国の史跡。七夕の竿灯祭は青森のねぶた祭,仙台の七夕祭とともに,東北三大祭りの一つで,国の重要無形民俗文化財。北部の太平山の南西麓一帯は太平山県立自然公園に属し,筑紫森岩脈は国の天然記念物。西部を JR奥羽本線,国道7号線が通り,福島市に通じる国道13号線の起点。中南部に秋田空港がある。面積 906.09km2。人口 31万5814(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋田市の関連情報