コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土持政照 つちもち まさてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土持政照 つちもち-まさてる

1834-1902 幕末-明治時代の武士,社会事業家。
天保(てんぽう)5年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。生地の沖永良部島(おきのえらぶじま)和泊村で横目をつとめ,配流されてきた西郷隆盛の牢(ろう)を座敷牢に改築するなど厚遇し,西郷と義兄弟契りをむすぶ。西郷の教えにもとづき明治3年凶作時にそなえる互助組織の社倉を設立,島の発展につくした。明治35年12月4日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土持政照の関連キーワード明治時代幕末武士天保

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android