コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在郷歌/在郷唄 ザイゴウウタ

デジタル大辞泉の解説

ざいごう‐うた〔ザイガウ‐〕【在郷歌/在郷唄】

在郷でうたわれる歌。いなかうた。俚謡(りよう)。
歌舞伎下座音楽の一。田舎の場面の幕開きや人物の出入りなどにうたわれるもの。ざいごうた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の在郷歌/在郷唄の言及

【日本音楽】より

…その歌は作詞者も作曲者もわからない(あるいはわかっても誰であるかは問題にならない)ようなものが,文字や楽譜によらず,口から耳へと伝えられる。そのような歌を民謡と呼び,明治以前は,俗謡,俚謡,田舎(いなか)歌,地方歌,在郷(ざいごう)歌,巷謡,さらに古くは風俗(ふぞく),国風(くにぶり)歌などと呼ばれた。また,とくに子どもの歌う〈わらべうた〉も,広くは民謡の中に含めることができる。…

※「在郷歌/在郷唄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

在郷歌/在郷唄の関連キーワード里謡∥俚謡田舎歌在郷俚謡

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android