在郷歌(読み)ザイゴウウタ

デジタル大辞泉 「在郷歌」の意味・読み・例文・類語

ざいごう‐うた〔ザイガウ‐〕【在郷歌/在郷唄】

在郷うたわれる歌。いなかうた。俚謡りよう
歌舞伎下座音楽の一。田舎の場面の幕開き人物出入りなどにうたわれるもの。ざいごうた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「在郷歌」の意味・読み・例文・類語

ざいごう‐うたザイガウ‥【在郷歌・在郷唄】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 在郷で歌われるうた。いなかうた。俚謡(りよう)。ざいごうた。
    1. [初出の実例]「僕はこのごろ子供のころの在郷歌を思い出した。童謡だ」(出典:五勺の酒(1947)〈中野重治〉)
  3. 芝居の下座音楽の一つ。田舎道や田舎家、また田畑などの場面などに用いられるうた。ざいごうた。
    1. [初出の実例]「馬に乗るやうにして、幕の内より非人弐三人並び居る。在郷哥にて幕引(ひく)」(出典:歌舞伎・幼稚子敵討(1753)五)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の在郷歌の言及

【日本音楽】より

…その歌は作詞者も作曲者もわからない(あるいはわかっても誰であるかは問題にならない)ようなものが,文字や楽譜によらず,口から耳へと伝えられる。そのような歌を民謡と呼び,明治以前は,俗謡,俚謡,田舎(いなか)歌,地方歌,在郷(ざいごう)歌,巷謡,さらに古くは風俗(ふぞく),国風(くにぶり)歌などと呼ばれた。また,とくに子どもの歌う〈わらべうた〉も,広くは民謡の中に含めることができる。…

※「在郷歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」