コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幕の内 マクノウチ

4件 の用語解説(幕の内の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まく‐の‐うち【幕の内】

芝居で、まだ次の幕のあかないうち。幕間(まくあい)。
幕の内弁当」の略。
まくうち1」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幕の内【まくのうち】

弁当の一種。小型の俵形の結び飯に黒ゴマをふり,汁けのない料理(卵焼,かまぼこ,うま煮,照焼など)を添えたもの。結び飯を花形や円形に押し抜く京阪風もある。名は幕間に俳優が用いる弁当に起こるという。
→関連項目駅弁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

まくのうち【幕の内】

芝居で、舞台の幕がおりている間。幕間まくあい
幕の内弁当 」の略。
まくうち(幕内) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幕の内
まくのうち

芝居で幕の内側のこと、また幕の閉まっている間(幕間(まくあい))のことをいう。さらに幕間に食べる弁当のことを幕の内弁当、略して幕の内ともいう。俵形の握り飯とおかずを重箱(じゅうばこ)、折り箱などに詰め合わせたもので、近年は劇場のほか駅や列車内などでも売っている。江戸末期の風俗志『守貞漫稿(もりさだまんこう)』の「雑劇」芝居茶屋の項に、「中飯(ちゅうはん)(昼食) 江戸は幕の内と号(なづけ)て円扁平(へんぺい)の握り飯十顆(か)を僅(わずか)に焼之也。添之に焼鶏卵蒲鉾(かまぼこ)こんにやく焼豆腐干瓢(かんぴょう)以上是(これ)を六寸重箱に納(い)れ人数に応じ観席に持運ぶ……」とある。当時、日本橋には芝居用幕の内弁当の専門店として有名な萬久という店があり、『江戸名物狂詩撰(えどめいぶつきょうしせん)』にも「萬久の煮しめ」と題する詩が載っている。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幕の内の関連キーワード胡麻汚し幕の内弁当間の子弁当胡麻和え黒ごま焼酎黒胡宝ごまうすサラダごまろくサラダしぐれたっぷりごま飴黒ゴマ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幕の内の関連情報