コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地まき式養殖(地蒔式養殖) じまきしきようしょく

1件 の用語解説(地まき式養殖(地蒔式養殖)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じまきしきようしょく【地まき式養殖(地蒔式養殖)】

アサリ,ハマグリ,カキ,ホタテガイなどの稚貝(種苗)を一定区画の浅海にまきつけ,天然餌料で成長させ収獲する粗放的な養殖法。まきつけ方には満潮時に船の上からまきつける潮まき法と干潮時に干潟にまきつける潟まき法とがある。 アサリの場合は殻長2cm前後の種苗を春または秋に養殖区域10m2あたり12~36l前後まきつけ,6ヵ月から1年後の秋から春にかけて3.5~4cmに育ったものを収獲する。ハマグリの場合は4~5月ごろに,殻長2cm前後の種苗を水深1~4mの波静かな水域に,10m2あたり11~27lまきつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の地まき式養殖(地蒔式養殖)の言及

【養殖】より

…有用な水産生物を増やし,育てること。水産養殖ともいう。同じような意味で古くから使われてきたことばに〈増殖(水産増殖)〉があるが,養殖と増殖の概念は時代とともに変化しており,今日も統一されているわけではない。生物学的にみれば,養殖も増殖も人が労力を加えて対象生物種の繁殖率,成長率,生残率などを高め,収獲量を増やそうとする行為であるが,生産方式や経営の面から両者を区別する考え方が有力である。すなわち,養殖では対象生物種の生涯のすべてないしは大部分を人が管理し,その生産物および生産手段の所有者がつねに明らかであるのに対して,増殖では対象生物種の天然水域での繁殖と成長を助長することが目的であり,生産物は漁獲されて初めて所有者が決まる。…

※「地まき式養殖(地蒔式養殖)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone