コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地主の神 とこぬしのかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地主の神
とこぬしのかみ

じぬしの神,じしゅの神,地神地主様ともいう。土地を主宰する神。神社や寺院で祀られている場合は,寺社創建以前に鎮座した神のことをいい,地主大明神,地主権現などと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じしゅ‐の‐かみ〔ヂシユ‐〕【地主の神】

地主(じしゅ)2

じぬし‐の‐かみ〔ヂぬし‐〕【地主の神】

じぬしがみ

とこぬし‐の‐かみ【地主の神】

その土地を支配する神。じぬしのかみ。じしゅのかみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じしゅのかみ【地主の神】

土地の守護神。特に、寺のある地に寺の建立前からまつられていて、のちにその寺の守護神となった神。延暦寺の日吉ひえ山王などの類。地主じしゆ

とこぬしのかみ【地主の神】

その土地を治める神。地主じぬしの神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

地主の神の関連キーワード地主祭り・地主祭延暦寺守護神天野

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地主の神の関連情報