コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域熱供給 ちいきねつきょうきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地域熱供給
ちいきねつきょうきゅう

DHC。地域のオフィスビルや住宅に,熱供給プラントからパイプを通して蒸気,温水冷水を送り,冷暖房に使うシステム。熱源は都市ガス,石油,LPガス,石炭,電気に加え,最近ではゴミ焼却工場,変電所,地下鉄などの都市排熱のほか,河川水と気温の温度差などを利用したエネルギーも使用されている。欧米では 100年以上の歴史があるが,日本では 1970年に大阪万博で初めて登場した。熱供給事業法により,規模が 5Gcal/h以上の場合に料金認可などの規制を受ける。パイプ敷設のコスト高などが普及を妨げており,認可事業は全国で約 100地点にとどまっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

地域熱供給

地域の住宅やビルに蒸気、温水、冷水などを集中的に供給するシステム。1972年制定の熱供給事業法によって21GJ(ギガジュール)時以上の規模を持つシステムを公益事業と規定。2006年3月現在、認可事業は89社・154地区ある。熱源に、都市ガス、石油、LNG、石炭のほか、ヒートポンプ、ごみ焼却、変電所や地下送電線の廃熱利用も登場。北欧などでは、地球温暖化防止の最も重要な施策として、コジェネレーションの廃熱を利用できる地域熱供給が拡大しているが、住宅用は減少傾向にある。

(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

地域熱供給【ちいきねつきょうきゅう】

地域を一つの単位として,そこにあるビル,個人住宅,諸施設へ冷暖房用の熱供給を集中して行うこと。プラントをその地域内または近隣に設置することによって,熱エネルギーの生産と消費を地域で完結させるのが特徴。
→関連項目ヒートポンプ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちいきねつきょうきゅう【地域熱供給】

熱供給プラントから同地域内の住宅やビルに温水・冷水などを供給するシステム。 DHC 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

地域熱供給の関連キーワード新エネルギーDHC

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地域熱供給の関連情報